何より大切な事は「マンパワー」だと思いました

8月15日に開催されました「第2回嘉穂高等学校第42期同期会・総会」にお盆の忙しい中にも関わらず、
二次会迄含めると90名近く集まって頂きありがとうございました。

昨年、組織発足前に単なる同期会として盆に開いた際の参加者は40名程でしたが、
一年で倍以上に人数が増えた事に喜びと今後への手応えを感じています。
今回、様々な活動内容を報告させて頂きましたが、総会に参加出来なかった方に簡単に記述します。

ここまでの主だった活動の成果と言えば、隈部佳克君を北九州支部長に向かえての北九州支部の発足と来年当番に向けての引き継ぎを完了させた事。
そして、初めて福岡支部総会に出席出来た事で福岡在住の同期とのパイプも出来、福岡支部設立の足がかりが出来た事などです。

福岡支部設立へは早速取り掛かる予定ですが、現在、最重要として進めている活動は堀直弥君を支部長に置き、我々会期最初の当番となる「関西龍王会総会」の準備です。
遠く離れた地でも、同期が頑張っている姿を目の当たりにし、私達も全力でバックアップしていきます。
そして11月の大同窓会が終わると、いよいよ私達の本格的な活動時期に入って行く訳です。

今回の総会で確信した事。それは「数の力こそが最も大切」と言う事です。
特別会費の事など、皆様方には今まで色々なお願いをしたのですが、皆が集える事が何よりだと実感しています。
今後も正月には第三回総会も開きますし、間で単に懇親を目的とした「飲み会」なども開いていきますので、
まだ顔を合わせたことがない皆さんに是非出掛けてきて欲しいと願っています。
 
また、今だに連絡先が不明な同期も多数います。
情報をお持ちの方は、連絡頂けたら幸いです。
 
色々と書きましたが、マンパワーこそ盛会のキーワードです。
私はみんなに、会いたいです。

42期会
会長新井聡