新井 聡です

11月15日に同窓会役員選出の為に開催されました「第一回嘉穂高校42回同期会総会」に
お忙しい中参加して頂いた皆様、ありがとうございます。

皆様方よりの指名を受け、当会期実行委員長を勤めさせて頂く運びとなりました3年4組「新井聡」です。
5月の理事会の承認を経て正式なものと成るのですが、簡単に、挨拶を述べさせて頂きます。

 卒業してから、早くも25年程の時が過ぎようとしています。
皆様方におかれましては、全国各地や国内にとどまらず多方面でのご活躍の事と思います。
思えば、我々が同じ学び舎で過ごした頃とは今日に至る世界の激変の序章そのものだった様に感じております。

在学2年生の冬、昭和天皇崩御に伴い昭和から平成へと元号が変わり、
また3年時には、中国天安門事件や遠くドイツではベルリンの壁の崩壊、
そして、その後の日本でのバブル経済や終身雇用の終焉など国内外を問わず、
それまでの体制や価値観が一変するような時代を共有してきました。
そして、後に「平成不況」と言われる頃に社会に巣立って行った訳です。
そんな数々の困難を乗り越えて来た仲間が今、正に集結しようとしています。

なにかワクワクしませんか?

そう、我々会期には知らず知らずの内に力強く「生きる力」が植えつけられているに違いありません。
そんな一人一人の力を少しづつ分けて頂けませんか?

私が感じる本会成功の鍵は「マンパワー」であり「数の力」だと考えています。
一人でも多くの方に参加して頂き様々な個性や意見・要望を集約していく事で、
自ずと盛会への道が開けると確信しています。

まずは平成27年1月2日にパドゥドゥル・コトブキ(旧寿会館)で開催されます
「第二回嘉穂高校42回卒同期会総会・懇親会」へご参加下さい。

ここでは、同窓会会則の承認や各役員の選出・承認、我々の活等テーマや総会で着用する法被のデザイン等を審議します。

しかし、それよりも顔を向き合わせ久々の再会を互いに喜びましょう。
情熱と希望に溢れたあの頃を、きっと思い出し、明日への活力となるに違いありません。
紙面ではここまで。ご案内は随時届くと思います。皆様との再会を心待ちにしております。

福岡県立嘉穂高等学校42回卒同期会実行委員長
新井 聡